自分が期待していたものよりも、現実は厳しいことが就職活動のときに分かります。

聞いてきました!みんなの辞職のきっかけ・転職理由

私たちは小さい頃から良い大学に入って一流の会社に就職することを夢見るのではないでしょうか。
そのために、小さい頃から勉強しているのかもしれません。
例えば、塾に行ってテストに備える人もいるでしょう。
または小さい頃から受験をして私立の学校に入るかもしれません。
そのようにして大学にいける道を確保する為です。
例えば、近くの韓国と中国は世界でも有名な受験大国です。
親は子供の受験に命を懸けているといっても過言ではありません。
学校が日本よりも長いのは当たり前ですが、学校が終わるとすぐに塾に行きます。
そのようにして親は必ず良い大学にいかせようと必死になるのです。
しかし、そのような目標は本当に正しいのでしょうか。
日本では確かに学力社会の場所もあるでしょう。
しかし、全体的にそうはいえないかもしれません。
例えば、良い大学に入っても必ず就職があるかといわれればそうではないのです。
また就職難の年もあることでしょう。
そのような時は良い大学に入っていたとしてもなかなか内定をもらうことが出来ないのです。
非常に厳しい世界になってきました。
またある人たちは、一流の大学という名前に安心しきっている為なかなか内定をもらえないことに落ち込むこともあります。
十分な求人はあっても自分の希望に合わないため行かないというケースもあります。
例えば、中小企業のようにそれらの会社が無ければ日本の経済は回っていかないような会社であっても、大手という名前が無いそれらの会社に魅力を示さないという若者もいるが現実です。
就職活動前はきっと夢がたくさんあることでしょう。
仕事で活躍して良い配偶者をもらい、安定した給与で名声も手に入れ、家族と仕事どちらも幸福にする、というものです。
しかし、そうするには現実で大きくの妥協をしなければならないのです。
しかし、もしも会社で自分を生かせないことがあるならば転職をすることが出来るでしょう。
最近は条件がそろえば簡単に転職が出来ます。
バイト探しはイーアイデム。「あなたの街」のお仕事が探せる求人サイトです。